2009年01月31日

環境にもやさしい大豆の液体洗剤

原材料が松の油(南米ブラジルで植林しているエリオッティ松)と大豆という多目的洗剤!

『ほとんどのヨゴレにこれ一本』

P1000228.jpg

どこかで聞いたことのあるようなフレーズですけど、使用できる範囲はガスレンジの油ヨゴレから野菜や果物、浴室やトイレ、はたまた車のボディまで実に幅広く使用できる魔法のような多目的洗剤です。


<参考成分>

界面活性剤(8.5%)
・・・純石けん分(5.9%脂肪酸カリウム)
   純石けん以外の界面活性剤(2.6%脂肪酸アルカノールアミド)
   大豆脂肪酸
   プロピレングリコール


界面活性剤の原料は植物系のものを使用していて、生分解性98%以上という環境への配慮も十分にされています!

使用感は肌への刺激が少なく、肌荒れが市販の洗剤より弱いように感じます。泡立ちは普通なのですが泡の持続性が少し弱いように思います。それとニオイが独特ですけど、スポンジに吹きかけたときだけで、気になるほとではないです。

P1000229.jpg

通常の洗剤の3倍ほどのお値段が少々ネックではあるけど、毎日使うものだから体と環境にやさしいものを選びたいものですひらめき


位置情報販売元→株式会社中一メディカル(大阪)

位置情報参考サイト→mutenka shampoo shop
posted by maron-chan at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日用雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

無添加にもいろいろあります

我が家では妻の肌アレルギー(アトピー)が分ってから、食べるものから日常で使っているものまで『オーガニックや無添加』にこだわるようになりました!

そのこだわりが何処まで有効的なのかは正直半信半疑でしたが、今ではこだわりの無かったわたし(夫)も気に入っています。

・・・例えば毎日使う手洗い石鹸やシャンプーも無添加

P1000192.jpg

使い心地は泡立ちがよく普通のシャンプーとほとんど変わりません。敢えて言えば髪を洗った後の『いい香り』がないぐらいです。愛用して感じたのは頭皮のフケや肌荒れが減ったことです。それと多少個人差はあると思いますが、かゆみや洗った後の頭皮の刺激感がなくなりました。


P1000191.jpg
*画像は詰め替え用

それだけ無添加素材が肌にやさしい現れだと思います。

同様の商品はコチラ のようなネットでも購入が可能なほか、近所のドラッグストアでも販売されていますので、気になるかたはチェックしてみてください♪
 
posted by maron-chan at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日用雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。